TOP > ローフードの意味とは

ローフード

ローフードとは、体を健やかに保つための食のスタイルのひとつ「ローフーディズム」を実践する人たちが食べる食物のことです。

ローフードを直訳すると「生の食物」。生の食物を食べ、体に生きた酵素を取り入れることによって健康と若々しさを手に入れられるということで、ローフーディズムは、あのマドンナを始めとするアメリカのセレブ達の間で大人気となり、世界的に広まりつつあります。

「生」ということで、生野菜や生肉ばかりを食べるのかと思われがちですが、そうではありません。ローフードを食べる目的は、生きた酵素を取り入れることですので、酵素が生きている48℃以下なら、加熱してもかまわないとされています。

ローフードに使われる食材は、野菜、果物、海草、豆類、ナッツ、種子、穀物、きのこなど。肉、魚、卵、牛乳など動物性たん白は、理由は諸説ありますが、たとえ生でもタブーとされています。

TOP▲