TOP > 潜在酵素の意味とは

潜在酵素

潜在酵素とは、体内で一生のうちに作ることができる一定量の酵素のことです。潜在酵素は消化酵素と代謝酵素に分類されます。

消化酵素とは、食べ物を消化してくれる酵素です。生物の時間に、「唾液の中にはアミラーゼが含まれています。これはでん粉を分解する酵素です。」などという説明を聞いたことがありませんか? このアミラーゼは消化酵素の一種です。他には、たんぱく質を分解するプロアテーゼ、脂肪を分解するリパーゼなどがあります。

消化酵素が不足すると、食べ物の消化がとどこおり、未消化物質が腸の中に宿便として滞留したり、血液を汚したりします。体内をきれいにしておくために、消化酵素は欠かすことができない存在です。

一方、代謝酵素とは、体の正常な働きに欠かせない酵素です。新陳代謝や毒素の排出、自然治癒力や免疫力の強化にかかわります。

潜在酵素のうち、代謝酵素は食べ物から摂取することができませんが、消化酵素は食べ物から摂ることができます。全ての食べ物は、酵素を持っています。それらの酵素を生きたまま取り入れ、限られた潜在酵素を無駄遣いしないよう、というのがローフードの考え方です。

TOP▲