TOP > ローフード用語集 > アガべネクター

アガべネクター(アガべシロップ)

アガベネクターは、アガベ(リュウゼツラン)の樹液を加熱して作られる濃縮甘味料のことです。「アガベシロップ」と呼ばれることもあります。

ローフードでは、砂糖を使用することが望ましくないとされています。でも、料理やお菓子に甘みを加えたいときがありますよね。そんな時にはハチミツなど天然の甘味料を使うのですが、アガベシロップもそのひとつです。

しかし、アガベネクターは、その製造工程で華氏140度(摂氏60度)で加熱されるのが一般的で、厳密にはローフードではないものが多くなっています。また、アガベが貴重であるため、粗悪品が出回りやすく安全性が疑問視される場合もあるようです。

こうした理由から、アガベネクターの使用を疑問視するローフード実践者も少なくありません。

TOP▲