TOP > ローフード用語集 > アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとは、医学、生活の知恵、生命科学、哲学の概念を含むインドの学問で、約5000年の歴史があると言われています。

アーユルヴェーダは、病気になりにくい心身を作り、健康を維持するという予防医学の立場をとっています。アーユルヴェーダにおける健康の条件とは、ドーシャ(元素。ヴァータ、ピッタ、カパの3種類がある)のバランスが取れていること、ダートゥ(血漿、乳び、筋肉、骨、骨髄、生殖組織という肉体の構成要素)における代謝が正常であること、不快な状態がないことととされています。

本場のインドにおけるアーユルヴェーダでは、患者のドーシャ体質をチェックして、症状に合せてオイルや薬を選択し、可能な限り身体に負担を掛けないように毒素を排出し、体内を浄化するための様々な治療が行われます。

その点、日本では、単にオイルを使ったインド風のエステやセラピーのことを指してアーユルヴェーダということもありますので、注意が必要です。

TOP▲