TOP > ローフード用語集 > ドライフルーツ

ドライフルーツ

ドライフルーツとは、果物を乾燥させ、保存性をもたせたもののことです。

もともとは、生のままでは傷みやすく、長期間の保存がきかない果物を保存するために編み出されたものですが、ドライフルーツには生の果物にはない凝縮された独特の甘みと旨みがあるため、現在でも、おやつやつまみ、料理の材料として重宝されています。

ドライフルーツとして一般的に出回っているのは、レーズン、プルーン、干し柿、ブルーベリー、クランベリー、マンゴー、デーツ、サンザシ、ゴジベリー(クコ)などです。

砂糖を使わないローフード実践者の間では、栄養豊富な自然の甘みとして、日々の食事やロースイーツ作りに活用されています。

ただ、ドライフルーツには砂糖漬けにして乾燥させたものや、48℃以上の高温で乾燥させたものもあります。ローフード食に取り入れるドライフードは、天日干しのものが望ましいとされています。購入する際には表示をよく見たり、信頼できる店を選んだりする必要があります。

ディハイドレーターを持っている場合は、生の果物を買ってきて、自宅で乾燥させてもいいでしょう。

TOP▲