TOP > ローフード用語集 > フラックスシード

フラックスシード

フラックスシードとは、亜麻(あま)という植物の種子です。欧米では古くから健康に良いとされ、人々に愛用されてきました。

近年は、日本でも、植物繊維を多く含む上、オメガ3脂肪酸やリグナンなどが豊富だとして、注目されつつある健康食品です。俗に、便秘、アレルギー、骨粗しょう症、糖尿病、心血管疾患、がんに効果があるとされています。

ローフードにおいては、フラックスシードは、ローブレッドローケーキ、ローピザの生地のつなぎとして用いられます。また、フラックスシードを絞ったフラックスシードオイルは、ドレッシングなどに使われます。

ただ、フラックスシードには、女性ホルモンのエストロゲンのような働きをするという特性があり、ホルモンバランスが正常な女性が摂りすぎると、月経異常を引き起こすこともあるんだそうです。特に、妊娠中の摂取については危険性が指摘されていますので、フラックスシードの扱いには注意が必要です。

TOP▲