TOP > ローフード用語集 > フルータリアン

フルータリアン

フルータリアンとは、動物はもちろん、植物をも殺さない食生活をする人たちのことです。植物の命にかかわる部分を取らず、収穫しても植物自体を殺さないかどうかという考えに基づいて食材を選びます。この点は、厳格なベジタリアンであるビーガンより厳格です。

例えば、根菜、葉物野菜、きのこ類などは、収穫してしまったら、その植物の命はそれで終わりになってしまいます。他方、りんご、桃などの果物、ナス、トマトなどの野菜、ナッツ類などの植物の果実の部分は、取ってもその植物を殺すことにはなりません。

そういった収穫しても植物自体を殺すことにならない部分だけを食べるのがフルータリアンです。さらに進んで、熟して落ちた果実だけを食べるというフルータリアンもいます。

加熱調理すると酵素が死滅するので、加熱調理しないという点は、ローフードと共通しています。ローフード実践者の中には、ローフードのより厳格な形がフルータリアンだと考えている人もいるようです。

TOP▲