TOP > ローフード用語集 > レプチン

レプチン

レプチンとは、脂肪組織によって作り出され、食欲と代謝の調節を行うとされるホルモンです。1994年に、肥満遺伝子の研究の際に発見されました。

食事を摂ると、レプチンが分泌されます。血液中のレプチンが増えると大脳の満腹中枢が刺激され、食欲が抑制されます。また、レプチンは交感神経系にも働きかけ、エネルギー消費を促進し、脂肪の蓄積を抑制します。

このレプチンの分泌が始まるのは、食事を始めて20〜30分後だそうです。よって、いわゆる早食いをすると、食事を終えたのにお腹いっぱいにならず、ついつい体が必要とする以上にものを食べてしまい、脂肪が蓄積されてしまう、こういうメカニズムになっているそうなんですね。

恐ろしいのは、脂肪が蓄積されると、分泌されるレプチンの量も多くなり、脳がレプチンに慣れてしまって、満腹感が得られなくなることがあるという話です。こうなると、いくら食べても満足できず、さらに肥満が加速してしまいます。

適量の食事を、ゆっくり時間をかけて食べるという習慣を身につけたいものですね。

TOP▲