TOP > ローフード用語集 > マヌカハニー

マヌカハニー

マヌカハニーとは、ニュージーランドだけに自生する潅木「マヌカ」の花の蜜からできるハチミツのことです。

ニュージーランドの先住民族のマオリ族は、古くからマヌカの効果を知っており、マヌカの樹皮や葉を応急処置に使ったり、花の蜜からできるマヌカハニーを、栄養豊富な健康食品として愛用したりしてきました。

近年、マヌカハニーは、その高い抗菌活性により、胃がんや胃かいようの予防治療に使えるのではないかということで注目を集めています。

抗菌活性とは、傷を殺菌したり、菌の繁殖を防いだりする作用で、普通のハチミツにもある作用です。しかし、普通のハチミツの抗菌活性は、体内に取り込まれると瞬時に失われてしまいます。その点、マヌカハニーの抗菌活性には持続性があるということで珍重されているんですね。

マヌカハニーを研究しているニュージーランド国立ワイトカ大学は、その力をUMF(Unique Mankua Factor=マヌカがもつユニークな要因)という指標を用いて示そうと試みています。このUMFという指標は、市販のマヌカハニーの一部に採用され、数値が高いほど高値で販売されています。

ただ、UMFの本体物質はまだ特定されていないということで、ローフードにマヌカハニーを取り入れる際には、あまりUMFにこだわる必要はないのかもしれません。むしろ、製法や味に着目したいところですね。なお、ニュージーランドは養蜂場の蜂に抗生物質を使用することを法律で禁止しているそうです。

TOP▲