TOP > ローフード用語集 > ローブレッド

ローブレッド

ローブレッドとは、ローフードで望ましいとされる材料と製法で作られたパンのことです。

通常のパンは、小麦粉やライ麦粉などに水、酵母、塩などを加えて作った生地を発酵させた後にオーブンなどで焼いて作りますが、ローブレッドには小麦粉は使いませんし、オーブンも使いません。

小麦粉の代わりには、一般的に生アーモンドなどのナッツ類、ひまわりの種などのシード類が用いられます。これらを一晩浸水させて、ブレンダーにかけたものがローブレッドの生地となります。好みによって塩やアガベネクターで味付けをしたり、ハーブやドライフルーツや野菜を練り込んでみたりとバリエーションは様々です。

出来た生地は、薄く延ばして、ディハイドレーターで乾燥させます。ローブレッドの乾燥にはおよそ一晩と、時間はかかりますが、通常のパンのように膨らまない、焼き過ぎたなどの失敗がなく、簡単に作ることができます。小麦アレルギーの人でも食べられますし、焼いていないので食材の酵素を生で取り入れることができる優れた主食です。

TOP▲