TOP > ローフード用語集 > アーモンド

サラダスピナー

サラダスピナーとは、サラダの水切り専用の道具です。洗った野菜を内蔵されたざるに入れてぐるぐる回し、遠心力で余分な水分を切るという仕組みになっています。

野菜を水洗いしてざるに上げて長時間おくと、パサパサになってしまいます。かといって、ざっと水を切っただけでお皿にのせると、余分な水分がしみだして食感がべしゃべしゃになったり、ドレッシングが薄まってしまったりします。

その点、サラダスピナーでスピーディーに水を切った野菜は、みずみずしくシャキシャキしています。また、ドレッシングもからみやすいので、おいしく野菜を食べることができます。生野菜サラダをよく食べるローフード実践者には愛用者が多いようです。

サラダスピナーには、色々なメーカーのものがありますが、よく知られているのはアメリカのキッチンブランドOXO(オクソ)のサラダスピナーです。通常のサラダスピナーは、ハンドル式ですが、OXOのサラダスピナーはボタンをプッシュするだけでクルクル回るので、お年寄りや子供、体の不自由な人にも使いやすいと評判です。

OXOというブランドには、ファーバーさんという人が、関節炎を患っている夫人が調理器具を持つのに苦労しているのを見かねて、「使いやすいキッチングッズを作ってあげよう」とスタートしたという逸話があるというのも人気の秘密です。

TOP▲