TOP > ローフード用語集 > アーモンド

スムージー

スムージーとは、一般的には、凍らせた果物、野菜を、牛乳やシロップなどと一緒にミキサーでかき混ぜたシャーベット状の飲み物のことです。デザートとして、若い女性を中心に人気です。

他方、ローフードでいうところのスムージーとは、野菜と果物をミキサーでかき混ぜたものです。材料を凍らせる必要はありませんし、牛乳は使いません。

多くのローフード実践者が基本のスムージーとしているのは、青菜と果物を使ったグリーンスムージーです。

青菜は、ほうれん草がポピュラーですが、チンゲンサイ、モロヘイヤ、レタス、パセリなど様々な葉もの野菜が用いられます。青菜と果物の割合は4:6がベストだそう。また、バナナなど甘みの強い果物を使うと、青臭さが消え、野菜が苦手な人でも抵抗なく飲めます。

グリーンスムージーは、作るのが簡単で、栄養価が高く、消化しやすく、食物繊維が豊富というとても優秀なローフード食です。グリーンスムージーの考案者で、グリーンスムージーのバイブル「Green for Life」の著者であるヴィクトリア・ブーテンコ氏の食生活の半分以上はグリーンスムージーが占めているそうです。

TOP▲