TOP > ローフード用語集 > アーモンド

ビーガン

ビーガンとは、ビーガニズム(純菜食主義)を実践する人のことです。ヴィーガンと表記されることもあります。

純菜食主義とは何かというと、動物を殺すことがないように、衣食住のあらゆる場面で動物製品を使わないようにする生活スタイルのことです。

ビーガンは、乳製品・卵などもひっくるめて動物性の食品は一切食べませんし、動物の皮や毛皮を使わないことはもちろん、動物実験をして作った製品の使用を拒みます。

よくベジタリアン(菜食主義者)と混同されがちですが、ベジタリアンは肉を食べないというだけで(ちなみに乳製品・卵はOK、魚もOKなど色々な基準があるらしいです)、ビーガンはそれよりかなりストイックなんですね。

なお、食生活においては、ビーガンとローフード実践者と重なる部分もありますが、ビーガンは48℃以上の加熱もOKという点で違います。

TOP▲