TOP > ローフード用語集 > ベジタリアン

ベジタリアン

ベジタリアンとは、菜食を中心とした食事を実践する人々の総称です。国際ベジタリアン連合の定義によると、鳥獣の肉、卵、魚介類及びそれらの副生成物(油、ゼラチン、エキス、出汁、魚卵など)が含まれるものを口にしない人々がベジタリアンということになっているそうです。

しかし、ベジタリアンとは、「菜食だけ、または菜食に加えて本人の選択により卵と乳製品を摂る人々」という定義もあり、ここはなかなか混乱してしまうところです。

乳製品はOKというベジタリアンをラクトベジタリアン、卵はOKというベジタリアンをオボベジタリアン、乳製品・卵どちらもOKというベジタリアンをラクトオボベジタリアンといいます。さらには、魚もOKというベジタリアンもいるそうですが、これは国際ベジタリアン連合の定義によると疑似ベジタリアンとして扱われるそうです。

最近よく聞くビーガン(ヴィーガン)は、ベジタリアンの一種として扱われています。ビーガンはベジタリアンの中でも最も厳格な基準を採用している人たちで、動物由来の食品を一切摂らないばかりか、動物を殺して作った製品を身につけたり使ったりということもしません。

マクロビオティックやローフードは、原則植物性のものしか食べないという点でベジタリアンと共通していますが、思想的な背景を異にしていることから、ベジタリアンとは見なされないようです。

TOP▲